従軍慰安婦:大騒ぎして話題に

山本一太:下院は決議案が多い、だから一郎の最多安打でも決議案がでる、だからこの問題は大したことはない、米国の友達に聞きましたがワシントンでは問題になってはいない、話題になってません、メディアも取り上げていません、もちろん抗議はきちっとしなければいけませんがあまり派手にやると過剰反応するとむしろ取り上げさせる。( 報道2001での発言:ブログ「訳わからん このシャバは」から)


下院決議案が出たり、映画が沢山作られようとしてるけど、ガラガラの公聴会といい、この山本太一のコメントといい、私達が日本で感じる程の問題にはなってないのだと思う。問題になってないというか関心を持たれていない。アメリカでは全然大変なことになってない。実際そうなのだと思う。


となるとまず私達は関心を呼び起こさねばならない。可能な限り派手にやって取り上げさせなければならない。作為的にでも大騒ぎして関心を集めなければならない。関心を持ってもらえて初めて従軍慰安婦を巡る問題に話をすることが出来る。今まで言われてきた事は事実と違ってるのだと言える。それを聞かせられる。
理論武装はもう十分出来てる。根拠となるものだって山ほどある。問題はそれを出しても見向きされない事。関心が無いから聞いてもらえない。


私達は話題になるように大騒ぎしなければならない。私達が騒ぎを大きくしなくてはならない。関心を引く一番の方法は反感を買う事。相手の反感を煽る事。


いわゆる従軍慰安婦は売春婦である。軍人を客として荒稼ぎした売春婦達である。その事実を隠そうとして無理やり働かされたと嘘を吐いてるのが強制連行されたと喚きたててる自称従軍慰安婦達である。彼女達は詐欺師である。従軍慰安婦問題は詐欺である。国家規模で行われてる国際社会を舞台にした大掛かりな詐欺である。多くの人がその詐欺で騙された。詐欺であることに気付いた我々はそれを訴える。従軍慰安婦問題は詐欺だと。言い掛かりをつけて日本から賠償金をむしりとろうとする詐欺だと。


強制連行を訴える自称従軍慰安婦達は詐欺師である。かわいそうな人を演じてる詐欺師の手先である。その自称従軍慰安婦達を前面に押し出し日本の非道を訴えてる者達は詐欺師の集団である。善意の人を装った悪人達である。どんな演技をしようと我々はもう騙されない。


これぐらいストレートに言って罵るくらいで丁度いい。反感買うくらいで丁度いい。市井の者ならもっと口汚くていい。
やつらは元売春婦の詐欺師だ!
演技してんじゃねーよ、ボケ!
テメエら元売春婦かどうかすら怪しい。
詐欺に一口乗ろうと元売春婦を名乗る薄汚い詐欺師だろ!

これぐらいで丁度いい。喧嘩腰で罵りあうくらいで丁度いい。
誤解されてもいいからまずは関心を集める事。
今必要なのはこれではないかと思う。


人気blogランキング