宗教団体がウザく危険な訳

信者は宗教指導者がやってることを違うと思ったとしても反論はしません。指導者は優れた先達で自分は未熟者なのですから間違ってるのは自分と考えます。ですのでするのは質問です。信者は反論ではなく「何故そうなるのですか?」と聞きます。宗教指導者はこれに答えます。信者がその答えに納得出来ないと思っても最後は宗教指導者の「信じなさい」で押し切られます。
「信じてみなさい。そうすればあなたにもわかるようになりますから。」
これで自身の疑問を押さえ込んで宗教指導者の言葉に従うのです。それが信者です。宗教の基本は“信じる”なのですから宗教指導者の言葉を信じて従うのです。もちろん宗教指導者の言葉が納得出来るものの時は感銘を受けて自ら積極的に従います。宗教指導者がこうだと言えば「そうだ」或いは「そうなのだろう」と思い、こうしなさいと言えば「そうしよう」或いは「そうしてみよう」と思うのが信者です。納得出来ても違うと思っても結局信者は宗教指導者に従ってしまうのです。


納得出来ても違うと思っても従うのですから宗教指導者は何だって信者にさせられます。通常であれば自身の倫理観から出来ない、やりたくないと思うことでも、宗教指導者にやりなさいと言われれば、そこには何がしかの正しい理由があるのだと信じ、最終的にはそれが良い事になるのだと信じ、やってしまいます。


信者自身にも善悪の価値観倫理観はあります。でも宗教指導者がその自身の価値観倫理観と違うことをやれと言われればやってしまいます。信者は宗教指導者の倫理観を優先して信者自身の倫理観を無効としてしまうのです。宗教指導者の倫理観の方が正しいと考え自身の倫理観を否定し無効としてしまうのです。


よって信者の行動の基礎となる倫理観は宗教指導者の倫理観となります。宗教指導者が優れた倫理観を持つ最高の人格者であれば信者も優れた倫理観に基づく行動をします。宗教指導者が歪んだ倫理観を持つ邪悪な人物であれば信者も歪んだ倫理観に基づく行動をします。信者自身がどういう倫理観を持ってるかは関係ありません。それは無効となりますのでどんなものでも関係ありません。事実上倫理観を持たない宗教指導者のロボット。それが信者です。宗教指導者の言葉で何だって出来てしまうのが信者なのです。で、実際やってしまいます。信者が危険視される所以です。


宗教指導者は宗教指導者で何やっても反論されませんから自身の間違いに気付けません。人間は必ず間違いを犯します。どんな宗教指導者だって間違いはします。その間違いが正されずに肯定され、その間違いの上に思想を構築していくのですから間違いはどんどん酷くなっていきます。それでも信者から肯定され続け、どんどん独善に陥っていきます。よって、


独善に陥った宗教指導者に率いられる、事実上倫理観を持たない宗教指導者のロボットの集団。
これが宗教団体。宗教団体が危険な訳です。


更に、
信者は何故そうしてるのかの理由を本当の意味では知りません。宗教指導者がそういうのだから信じるとか信じてみようでやってるのであって自分で考えてやってるわけではありませんので何故そうなのかはわかってません。ですので何故そうしてるのかを他の人に説明することが出来ません。宗教指導者の受け売りは出来ます。でもそれ以上は説明出来ません。また、その「受け売り」は自分ではない人の考えですから弄ることが出来ません。自分の知らないところに根拠のある「受け売り」ですから自分でどんなに考えてもどこなら修正していいのか、どの程度なら修正していいのか自分で判断出来ません。他の人からおかしいところを指摘されても正すわけにいきません。人の意見を聞き入れるわけにいかないのです。人の意見を聞かず、肝心なところがわからないままに「受け売り」だけを繰り返すのが信者ということになります。これでは議論など出来ません。話し合いは不可能です。わざわざ言われるまでもなく体験的に知ってる人も多いでしょうけど。
つまり宗教団体とは、
独善に陥った宗教指導者に率いられる、事実上倫理観を持たない、話し合い出来ず受け売りだけを繰り返す宗教指導者のロボットの集団。
厄介でうっとおしくどんなことでもやってしまう危険を秘めた集団。それが宗教団体。




入ってしまえば楽ですがね。信じてる限り罪の意識を感じることも無い。責任も自分にはない。善悪で悩む事もない。指導者の言う事にさえ従っていれば精神的に凄く楽。引っ込み思案な人が宗教に入ったら見知らぬ人に声を掛けられるようになるってのもこれ。自分に責任が無く善悪で悩むことも無いから相手の迷惑気にせず強引なことでも平気でやれてしまう。そんな事が出来てしまう自分に驚いて宗教って素晴らしいとか思うのだろうけど、実のところ自分の責任でなくやってるから出来てること。まあともかく出来なかった事が出来るようになるのは確か。当人にとっては悪くない。周りはエライ迷惑だけど



人気blogランキング