田母神論文を論争のベースに

田母神俊雄氏の論文はネットウヨクの公約数的歴史認識。公約数的故に細かく見ていけば異論もあるだろうが、総体的に納得の出来るものではないかと思う。ちなみに私には一箇所のみを除いて異議はない。(その一箇所は『日中戦争に引きずり込まれた被害者』というところ。策略が普通の国際社会で策略に嵌って被害者ズラしちゃいけないだろと思う)。そんな公約数的歴史認識がこれだけ短くまとめられた論文ってなかったように思う。これは歴史論争を行うよいベースになる。歴史認識を確定させるよいベースになる。



今まで歴史論争のベースになってきたのは村山談話河野談話などサヨク側のもの。サヨクはこれを正しいといい、ウヨクはこれを間違いだと否定するという形で歴史論争は行われてきた。このような論争で出てくる答えは村山談話が正しいか間違いか、河野談話が正しいか間違いかだけ。正しいとなれば村山談話が正しい歴史認識となる。間違いとなると、村山談話が間違った歴史認識となる。結論としてはこのどちらかでしかない。
村山談話が正しいなら村山談話を正しい歴史認識として認識すればいい。では、村山談話が間違った歴史認識だとなると正しい歴史認識は何なのか? この答えは村山談話をベースとした議論をしてる限り出ない。議論の途中では出てくるのだけど、答えとしては村山談話が正しいか否かだけ。認識が広まるのも村山談話が正しいか否かについてだけ。議論の途中での話など吹っ飛ぶ。結果、否定された歴史認識しかなく、正しい歴史認識がどんなものかよくわからないという状態に陥る。定まった歴史認識が持てなくなる。サヨク側の歴史認識をベースに展開する以上これが精々。


しかし田母神俊雄氏の論文をベースに論争をすれば、田母神論文が正しいか否かで争われることになる。これで正しいとなれば田母神論文歴史認識を正しいと認識すればよくなり、正しい歴史認識が定まる。これまでの歴史認識を壊す論争でなく、歴史認識を作り上げる論争が出来るようになる。




田母神論文は個々の問題に深入りし過ぎてなく誰にでもわかりやすい一般向けの良い論文だと思う。歴史論争を争う際には田母神論文を引き合いに出して、これまでの歴史認識を壊す論争でなく、歴史認識を作り上げる論をして欲しいと思う。サヨクはなかなか乗ってこないだろうけど、工夫してそこに引き込むような論争をして欲しい。


注)「正しい歴史認識が定まる」と書いてるが、これは絶対的に正しい歴史認識という意味ではなく、だいたいこんな感じという程度のもの。多少違う部分もあるのだろうけどおおよそこんな感じと言う程度。いくら色々な歴史認識があっていいとはいっても、この程度には定まってないと話にならない。



人気blogランキングランキングバナー