実は変わり者に寛大な社会

 日本のような周りの人に合わせることを求められる社会ってのは、大きく誤解されてまして、「自分が周りに合わせなければならない」と捉えられて、自分らしく生きられず窮屈だと思われてます。でも、本当はそんなに窮屈ではないのです。なぜなら、周りも自分に合わせてくれるから。少々変わり者でも全然問題ありません。周りの方で合わせられる程度なら単なる個性です。「変な奴だなアハハ」って程度で済む話です。この社会においては絶対的な悪がありませんから、相当な変わり者でも絶対悪として目の敵にされるなんてことはありません。良くも悪くも、排除されることなく存在し続けることが許されてしまいます。
 極端な話、やりたいようにやって、好き勝手生きたってそう大きな問題にはなりません。周りは色々言ってはくるでしょうが、押し通してしまえば「あの人はああいう人なんだ」で済んでしまいます。付き合い方はそれ相応のものになりますが、せいぜい関わるのを避けるという程度。出て行けとも言いませんし、変われとも言いません。影で悪口や、あの人とは付き合うなくらいのことは言われるでしょうが、その程度。それが気にならない人なら何の問題もありません。自由気侭に生きられます。
 もっとも、周りの人に合わせて生きる社会の生き方を身につけた人にとっては、この陰口と除け者にされるということは非常に苦痛です。自分が周りに合わせられてないという証拠ですから。これをやられると、必死になって自分を殺して周りに合わせようと足掻きます。これで、自分らしく生きられない、窮屈だと感じるのではないかと思います。


 ちなみに変わり者は、陰口程度のもの気にしません。除け者にされてもそう苦にしません。なので、陰口遠慮したり、仲間外れにしてることを気に病んだりする必要はありません。村八分なんて屁の河童、気楽でいいなってなもんです。
サヨク村八分をやたら悪く言いますが、私はそれほど悪いものだとは思いません。もしかしたら偉人に化けるかわからない変わり者の温存が出来る有益な制度なのではないかとすら考えています。単なる除け者扱いでしかない村八分より、無理やり言うことをきかせようというサヨクの糾弾の方が余程タチが悪い。そうは思いませんか。



 私が思うにですね、周りに合わせる社会ってのは、皆が頭で考えるほど周りに合わせなくてもいいんですよ。半分は相手の方から合わせてくれますから。田舎でも、少々変わり者のおじさんとかが案外普通にそこに馴染んでたりするでしょう。先の四つの類型の中で、変わり者に最も寛大なのはこの周りに合わせる社会なのだと思いますよ。他の類型だとこんなに寛大な扱いはしません。宗教的戒律の場合だと、変わり者は宗教的な異端者ですからね、その扱いは酷いものになります。決まりの場合は、弱肉強食の社会ですから、単なる変わり者では生きていけません。周りに認められるだけのものを持った変わり者でないと、容赦なく潰されます。階級上位者の場合は、絶対的に従わされるのですから、個々人の個性なんて関係なく、変わり者も何もありません。このように考えていくと、陰口と除け者程度で済む周りに合わせる社会は、変わり者にとっては最高です。私はそう思います。





人気blogランキングランキングバナー